そのときは当たり前だった暮らしの一部も、今となっては貴重な生活技術だったと気がつくことが多くなりました。それらは過去を懐かしむだけではなく、いかに自然と共生する知恵に満ちていたことかとただ感嘆するのです。「文化は辺境の地に残る」といわれますが、効率化によって失われた持続可能な暮らし方は、人類が引き寄せた気候変動や自然災害に見舞われている今まさに必要とされているのではないでしょうか。
“small good things” ささやかだけど大切なこと。これまで撮り貯めた映像や写真から、そんなことを考えてみるきっかけとなればと思います。

MENU